曼荼羅美術館

曼荼羅美術館は平成14年、慈雲山曼荼羅寺観蔵院の施設として、仏教の教えの発信と地域文化の発展を目指し、多くの方々の御喜捨によって開館の運びとなりました。

当館では観蔵院両部曼荼羅を中心に、日本の仏画(本館)やネパールの仏画(別館)のタンカ、古いインドの文字「悉曇文字(梵字)」の書、ミティラー民俗画、ミニアチュールなどのコレクションをご紹介しています。

毎年11月1日から5日にかけて、展覧会「仏画・悉曇特別展」が大規模に開催されます。会期中は万燈会やコンサート等の特別企画が併催されます。展覧会は、染川英輔が講師を務める教室(観蔵院仏画教室、読売カルチャーセンター恵比須教室、富津仏画教室)の方々と、曼荼羅美術館館長・小峰和子が講師を務める教室(宝蓮寺仏画教室)の方々、そして 小峰智行主宰の観蔵院悉曇の会の方々が中心となって運営・出品しています。

今後も随時コレクションの充実を図ってまいりますので、どうぞご期待ください。

◆ 開館時間

毎週土曜日と日曜日 10時~16時
          (入館は15時半までです)

※8月・年末年始は休館となります。

そのほか寺院の都合で臨時休館する場合もございます。ご来館前のお電話でのご確認をお勧め致します。

緊急事態宣言に伴う美術館休館の

お知らせ

新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言延長に伴い下記の通り臨時休館を延長させて頂きます。

2021年5月15日(土)・16日(日)・22(土)・23日(日)・29日(土)・30日(日)

今後も開館状況が変更となる可能性がありますので、本ウェブサイトにて最新情報をご確認ください。

利用者の皆様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

◆ 拝観料

一般:500円(10名以上:300円)
大学生・高校生:300円
中学生以下:無料

◆ お問合せ

館長 小峰和子
電話 03-3996-6858
Eメール kazuko6439@gmail.com